Top of page

本文

ソニーストア

Adobe

adobe%e3%80%81%e3%80%8ccreative-cloud%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e5%86%85%e5%ae%b9%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b

Adobe、「Creative Cloud」のサービス内容を公開

Adobe Creative Cloud のサービス内容

Adobe Systemsは2月7日(現地時間)、サブスクリプション(月払い)方式で提供する新サービス「Creative Cloud」の一部内容を公開した。新たな情報として、プロフォトグラファー向けデジタル画像処理ソフト最新版「Lightroom 4」(現在はベータ版)の利用が可能となる。

 

価格は昨年発表されていた通り年間契約で月額49.99ドル(日本では5,250円)で、最新版の全Creative Suite製品のほかにも、Web開発者向けの最新ツールEdgeならびにMuse、iOS/Android向けアプリTouch Appsなどの最新ツール、および各種コミュニティ機能などが用意される。なお、月額69.99ドル(7,875円)で提供されるワークグループ向けプランの提供は今年後半にずれ込む見通しだ。

 

「Creative Cloud」ユーザには新機能が随時提供され、コミュニティ機能や20GB分のオンラインストレージならびにシンク機能、Digital Publishing SuiteやWebサイト向けTypeKitフォント、ホスティングサービスBusiness Catalystなどが利用できるため、「パッケージ版より恩恵を受ける」(Adobe)とされる。

 

なお、CS製品などのアプリケーションはオンラインベースではなく、従来と同様にコンピュータに直接インストールする形で利用することになる。

 

以上の内容は既に公開済みの内容であまり新鮮味は無いが、CNETによると、Adobeの製品マーケティング担当スコット・モリス氏は、「Creative Cloud」のフル機能を必要としないユーザ向けに、昨年5月のCS5.5より提供されているPhotoshopなどのサブスクリプションサービスの価格を引き下げる意向を示したという。現在の料金体系では、Photoshopだけをサブスクリプションで使用する場合も月額5,000円であり、「Creative Cloud」の価格やサービス内容と均衡が取れていない。

Apple News Headlinesトップへ

この記事への コメント & トラックバック (1件)

スパム対策といたしまして、記事の投稿2週間後にコメント/トラックバックの受付を終了しています。

  1. おさらい/Adobe、「Creative Cloud」のサービス内容を公開 – http://t.co/YhF0zUu3

コメントに関する注意事項

*スパム対策といたしまして、記事の投稿2週間後にコメント/トラックバックの受付を終了しています。

*基本的にお気軽に。自由にコメントをお寄せください!Apple/Mac/iOS関連の様々な情報をみんなでシェアしましょう!

*ただし、Tsugawa.TV の判断でスパムや不正な内容を含むコメントなどは削除させていただく場合がございます。また、その判断を一部自動化しているため、コメント投稿後サイト上に反映されるまで若干時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承のうえコメントをお寄せください。

*投稿したコメントを削除したい場合はこちらからご連絡ください。速やかに対応いたします。

*掲載されているコメントの内容についての責任はサイト運営者にはございません。各自の責任でご判断ください。

*著作権絡み、他人の悪口やいやがらせ、プライバシーに関わるコメントなどはお控えください。コメントの匿名性は、民事上あるいは刑事上の責任を免ずるものではありませんので十分ご注意ください。当サイトのプライバシー・ポリシーも併せてご確認ください。

コメント記入欄に戻る ^^

 

 

 


Apple News Headlines

Apple, Mac, iPod, iPhone, iPad の最新ニュースはここでゲット!他には無いニュース満載です。

Read the Difference »

HDT.jp

Page Top▲