Top of page

Apple, iPhone, Mac, iPod, iPad最新ニュース | Tsugawa.Tv

contents

RSSを取得

- The best way to approach Apple ever in Japan -
   Apple, Mac, iPhone, iPad, iPod ニュース情報総合サイト

  ■ Appleをめぐる最新のニュースと細心の考察(Read the Difference that matters..)

apple%e3%80%813%e6%9c%887%e6%97%a5%e3%81%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e9%96%8b%e5%82%ac%ef%bc%9d%e6%ac%a1%e4%b8%96%e4%bb%a3ipad%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%81%b8

Apple、3月7日にメディアイベント開催=次世代iPad発表へ

日本ではKDDIからも発売

米Appleは現地時間3月7日午前10時(日本時間3月8日午前3時)よりサンフランシスコでプレス向けイベントを開催する。会場は歴代iPadの発表会場にもなったYerba Buena Center for the Artsで、発表内容は明らかにされていないが、新型iPad(iPad 3 またはiPad 2S)を発表するとみられる。

iPad 3発表イベント招待状

イベント招待状には“We have something you really have to see. And touch.”(見て、触って欲しいものがある)というキャッチコピーが記されており、カレンダーアイコンは7日(水曜日)を表示している。

 

新型iPadは、高解像度Retinaディスプレイのほか、より高性能なプロセッサやカメラが搭載され、4G LTE対応なども噂されている。また、新型「Apple TV」をアナウンスするとの情報もあり、「iPad 3」のほかにも製品のメジャーアップグレードや新サービスの発表が行われるかもしれない。

 

日本市場では、ソフトバンクモバイルに加えて、KDDI(au)が新たに次期3G(4G)版iPadを販売する方針であり、iPhoneに続いてiPadでもマルチキャリア戦略がとられるようだ。

 

日経によると、KDDIはスマホなどとのセット契約で、ソフトバンクの現行通信料(月4,725円)より安くする可能性があるという。

 

「iPad 3」の発売時期や価格は不明ながらも、おそらくは発表の翌週には発売となり、価格は数千円程度値上げとなる可能性が指摘されている。

mac%e3%80%81%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%b8%82%e5%a0%b4%e3%81%a7%e5%ad%98%e5%9c%a8%e6%84%9f%ef%bc%9d5%e5%8f%b0%e3%81%ab1%e5%8f%b0%e3%81%8c%e6%b3%95

Mac、エンタープライズ市場で存在感=5台に1台が法人向け

2010年にiPadを投入以降、エンタープライズ市場におけるMacコンピュータの存在感が一気に高まっている。

 

Needham & CompanyのApple担当アナリストであるチャーリー・ウルフ氏によるMacビジネスに関する調査によると、昨年10〜12月期のMac全体の売上のうち、法人市場向けが占める割合は20.5%に達しており、Mac販売の5台のうち1台は法人向けだったという(AppleInsider)。

 

また、法人市場の世界PC総出荷台数のうちMacが占める割合は2.9%となり、2010年第1四半期の1.3%から倍以上に成長している。さらに、米国の法人市場に限ってみれば、2010年の3.1%から昨年第4四半期には5.8%にまでジャンプアップした。

Mac法人向け販売の推移

MacがPowerPCからIntelプロセッサにスイッチしたことでOS XがMicrosoftとの連携を深め、2006年のBootCamp登場によりMacでWindowsを動かすことができるようになったことや、Mac用仮想化ソフトVMware FusionおよびParallels Desktopの果たした役割、さらにはExchangeのネイティブサポートなども法人市場の躍進に貢献したとみられる。

 

しかし、ウルフ氏がエンタープライズ市場におけるMac成長の鍵として指摘したのは、iPhoneをはじめとするiOS端末、とりわけiPadの存在が大きく、Apple製品を業務に取り入れさせたことで、顧客をAppleのエコシステムに引き込むことができたと分析している。

 

ほかにも、コスト削減を求めるBYOD(Bring Your Own Device)が推進されるなか、従業員がApple製品を職場に持ち込む傾向も確認されている。

apple%e3%80%81%e3%83%87%e3%83%99%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%91%e3%81%ab%e3%80%8cdeveloper-id%e3%80%8d%e5%8f%96%e5%be%97%e3%82%92%e6%a1%88%e5%86%85%ef%bc%9dgatekeeper%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%81%ae%e6%ba%96

Apple、デベロッパに「Developer ID」取得を案内=Gatekeeper対応の準備

Developer ID for Gatekeeper

Appleは2月28日、デベロッパに対して、「Gatekeeper」に対応させる準備を行うようEメールで案内した。

 

Appleは次期「OS X Mountain Lion」において、「Gatekeeper」と名付けた新しいセキュリティ機能を導入して、アプリケーション管理の安全性を高める。この際、Mac App Store以外の流通向けにアプリをデジタル署名できる仕組みを構築するため、Apple IDとは異なる「Developer ID」を提供してデベロッパを認定し、「Gatekeeper」がマルウェアや改ざんなどの悪質なソフトからMacコンピュータを守る“門番”の役目を果たす。

 

「Developer ID」プログラムに参加することで、デベロッパはXcode 4.3またはデベロッパ証明書ユーティリティで署名証明書をリクエストすることができ、認定されればMac App Store以外で配布しても「Gatekeeper」を通過できる。なお、「Gatekeeper」では“Mac App Storeのアプリケーションのみ”に限定するオプションも備えている。

 

Mac Developer Programは年間8,400円の有料プログラムで、Macアプリケーション開発のリソースやサポートなどが提供されるほか、OS Xのプレスリリース版を先行して取得できる。

ipad-3%e3%80%8170%e3%80%9c80%e3%83%89%e3%83%ab%e5%80%a4%e4%b8%8a%e3%81%92%ef%bc%9f%ef%bc%9d%e4%be%a1%e6%a0%bc%e8%a1%a8%e3%81%8c%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%af

iPad 3、70〜80ドル値上げ?=価格表がリーク

真偽のほどは不明ながらも、現行「iPad 2」と次期「iPad 3」の価格対照表がリークした(Mac Rumors)。iPadの価格は初代、第2世代ともに同じ価格で販売されてきたが、第3世代目にして値上げの可能性が浮上した。

iPad 3 価格表

これは中国版Twitter新浪微博(Sina Weibo)のユーザが投稿したもので、リーク情報によると、次世代iPadのWi-Fiモデルは80ドル、Wi-Fi+3Gモデルは70ドルほど価格が引き上げられるとされる。

 

「iPad 3」では、ディスプレイの刷新やLTE対応、カメラ機能の強化、バッテリパック刷新などが予想されていることから、これまで以上にコスト高になるとみられ、価格引き上げが検討されていてもおかしくはないだろう。

 

さらに、Appleは現行「iPad 2」について、「iPad 3」投入後も価格を引き下げて販売を継続する戦略をとると予想されており、低価格帯を「iPad 2」でカバーするとともに、「iPad 3」は上位版として現行よりも価格を引き上げるのかもしれない。

apple%e3%80%81ipad-3%e5%90%91%e3%81%91soc%e3%81%ab%e3%80%8ca5x%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%80%8ca6%e3%80%8d%e3%81%ae%e4%b8%a1%e6%96%b9%e3%82%92%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%8b

Apple、iPad 3向けSoCに「A5X」と「A6」の両方をテストか

「A6」はiPad、「A5X」はApple TV向け?

iOS 5.1にA5XとA6の記述

先週、次世代iPad向けと思われるロジックボードの写真がリークして、「A5X」と印字された新たなSoC(system on a chip)の存在が明らかになったが、Appleは「iPad 3」のプロセッサとして、デュアルコアの改良版「A5X」ならびに、コア数を4基に増やしたメジャーアップグレード版「A6」の両方をテストしている可能性が浮上した。

 

今年初め、次期iOSソフトウェア「iOS 5.1 Beta」のコア・レファレンスパネルに、クアッドコア・モバイルプロセッサのサポートを示唆する記述が見つかるなど、「A4」(シングルコア)、「A5」(デュアルコア)後継となる「A6」チップは、クアッドコアプロセッサになるとみられていた。

 

一方で、最近になって、「iPad 3」のプロセッサはデュアルコアにとどまるようだとの情報が多く流れるようになっており、さらに「A5X」の画像がリークしたことで、次期iPadは「A6」ではなくデュアルコアの「A5」をマイナーアップグレードしたSoC「A5X」採用の可能性が浮上。グラフィックス処理速度は大幅に向上するものの、コア数は2個のまま据え置かれるとの見方だ。

 

「A4」の部品番号は「S5L8930X」、「A5」は「S5L8940X」であったことからみて、おそらく「A6」は「S5L8950X」となるとみられるが、リークした「A5X」は「S5L8945X」とプリントされていた。

 

このような現状のなか、9to5Macの情報筋によれば、「iOS 5.1 Beta」のコードに「S5L8945X」および「S5L8950X」の記述が見つかったとされる。極めて稀なことではあるが、Appleは2つのプロセッサ、つまり、クアッドコア版「A6」ならびにデュアルコア改良版「A5X」の両方を同時にテストしていた可能性があるとみられる。

 

Appleが最終的に次期iPadのプロセッサにどのような選択をするかは不明だが、「Apple TV」のアップデートも囁かれていることから、「A6」は次世代iPad向けとして、「A5X」は新型「Apple TV」向けSoCとして提供される可能性もあるし、別のiOS端末(例えば小型版iPadなど)が開発されている可能性などもある。

 

「iPad 3」(または「iPad 2S」?)の発表は現地時間3月7日に行われ、その翌週には発売されると予想されている。

ipad-3%e3%80%81%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e5%87%ba%e8%8d%b7%e3%81%8c%e5%a7%8b%e3%81%be%e3%82%8b%ef%bc%9f

iPad 3、中国からの出荷が始まる?

iPad 3 出荷手配書

米国時間3月7日(水)の発表が濃厚な次期「iPad 3」(それとも「iPad 2S」?)だが、すでに中国Foxconnから米国などへの出荷がスタートしており、配達期限は3月9日(金)と指定されているという。

 

中国の掲示板WeiPhoneには、2月26日に成都国際空港から米ロサンゼルスやニューヨーク、シカゴへ向けて空輸される計画書がリークされており、積荷の到着指定日は3月9日と記載されている。

 

9to5Macによると、Appleは「iPad 2」では行わなかった事前予約を受け付ける可能性があり、また、次期「iPad 3」発売後、現行「iPad 2」の価格を引き下げて販売を継続するとみられている。

 

さらに、3月7日のプレス向けイベントでは、「iPad 3」以外にもメジャー製品の発表が行われる可能性があり、どの製品なのかは不明としながらも、「Apple TV」が候補として挙げられている。

adobe%e3%80%81ipad-2%e5%90%91%e3%81%91%e3%80%8cphotoshop-touch%e3%80%8d%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b-ux2

Adobe、iPad 2向け「Photoshop Touch」を公開 [u×2]

Adobe Systemsは2月25日、iPad向け“Touch Apps”として、「Photoshop Touch」をApp Storeにて公開した(Update: フライングリリースだったようで、26日12時現在、一旦削除されている。Update #2: 2月27日、正式公開となった)。価格は850円で、「iPad 2」(iOS 5.0+)に対応する。ファイルサイズは50.2Mバイト。なお、「iPad 2」専用となっており、初代「iPad」では利用できない。

 

Android版は昨年11月に公開されていたが、iOS版は今年初頭の公開が予定されていた。

Photoshop Touch for iPad

タブレット向けクリエイティブツール「Photoshop Touch」は、Adobeが2012年上半期にローンチする「Creative Cloud」と連動して使用できるのが特徴で、“Adobe Touch Apps”はこの他にも、「Adobe Collage」、「Adobe Debut」、「Adobe Ideas」、「Adobe Kuler」、「Adobe Proto」が含まれる(リリース日は未定)。

 

「Photoshop Touch」は、レイヤー、選択ツール、補正、フィルターなどのPhotoshop機能を直観的なタッチスクリーン操作で使用でき、タブレット向け新機能Scribble SelectやFacebookを通じた共有、Googleとの連携による画像検索などをアプリ内から素早く行うことができる。

 

AdobeはPhotoShop CS5と連携するiPad向け有料版アプリとして、「Adobe Color Lava for Photoshop」、「Adobe Eazel for Photoshop」、「Adobe Nav for Photoshop」を昨年5月公開しており、また、Photoshop.comと連携する無料版iOSアプリ「Photoshop Express」も提供している。

 

[See Also..] Adobe、「Creative Cloud」のサービス内容を公開

 

[Update] 「Photoshop Touch」はApp Storeから削除されており、明日27日に正式公開されるようだ。

 

[Update #2] 2月27日、正式公開となった。

apple%e3%80%81%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%83%ab%e3%81%a7%e7%8f%be%e5%9c%b0%e7%94%9f%e7%94%a3%e3%81%aeiphone%e3%82%92%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e9%96%8b%e5%a7%8b

Apple、ブラジルで現地生産のiPhoneを販売開始

ブラジル産iPhone

ブラジルで製造したiPhoneの同国内での販売が始まった模様だ。
Apple製品の組立を請け負う最大手Foxconnは、ブラジル工場でiOS端末の生産体制を整えつつあり、経済成長の著しい新興市場でさらなる売上増を目指す。

 

ブラジル政府はハイテク製品に高い輸入税を課していることから、Appleは現地生産により価格面の競争力を高めることができ、法人税減免などのメリットも享受できる。

 

Appleは昨年12月、ブラジルにiPhone 4S/iPhone 4を投入していたが、発売当初から中国生産のデバイスが販売されており、輸入関税の影響などで価格は1,500ドル以上と高額だった。

 

今回、現地生産が確認されたのは一世代前のiPhone 4(8Gバイトモデル)で、最新モデルiPhone 4Sも製造されているのか否かは不明。また、旧モデルながらもiPhone 4は1,000ドル以上であり、米国市場の倍近い価格は据え置かれたままだ(Mac Rumors)。

 

ブラジルではiPhoneにとどまらずiPadも倍近い価格であり、さらにはMacコンピュータもおよそ1.5倍程度と高額だ。

 

ブラジル政府は現地生産条件を満たす企業に対して優遇税率を適用することから、生産が本格化すればiOS端末の価格が引き下げられる可能性がある。

ibooks%e3%80%81%e4%b8%8d%e6%ad%a3%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e9%98%b2%e6%ad%a2%e3%81%8c%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b

iBooks、不正コピー防止がクラックされる

iBooks デジタル著作権管理

Appleの電子書籍アプリ「iBooks」は、不正コピー防止のためFairPlay DRMを採用しているが、iTunes Storeで購入した音楽や映画のDRM解除ツールとして有名なRequiem最新版(ver3.3)によってプロテクションが解除され、iOS端末以外の電子書籍向けフォーマットにも変換可能となり、他社製デバイスで閲覧できるようになったようだ。
つまり、iBookstoreで得たコンテンツをAmazonのKindleやサムスンのGalaxy Tabでも閲覧できることを意味する。

 

Cult of Macによると、iBooksのコピープロテクションがハックされたのは初のこと。
ただし、Appleは抜け道が発見されるたびにデジタル著作権管理システムをアップデートしており、iBooksのDRM解除がいつまで可能なのかは不明である。

nytimes-apple%e3%80%81%e5%a4%a7%e6%95%b0%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87-%e3%82%92%e8%b6%85%e3%81%88%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%8b

NYTimes: Apple、“大数の法則” を超えられるか

新型iPad発表を控え、今週末のApple株価は終値ベースで過去最高値を更新し、エクソン・モービルを引き離して時価総額で世界一の座を固めるなど依然として好調だが、25日付のNYTimesは、Appleの株価が今後10年間に渡り年間20%成長すると仮定した場合、2022年には時価総額が3兆ドルを超えて、2011年のフランスやブラジルの国内総生産を上回ることになると報じた。

Apple株価動向

アナリストのRobert Cihra氏は、“大数の法則”をAppleに当てはめてみた場合、ここ2〜3年のAppleの業績成長が今後も無限に継続するのか不透明であると述べ、さらに、将来も高度成長を達するには、地球上の全人類のみならず、動物や岩にもiPhoneを売りつける必要が生じると述べたという。

 

一方で、60億回線に迫るとも試算される携帯電話市場において、Appleのシェアはいまだ5.6%であり、また、コンピュータ部門でも世界シェアは1桁台であることから、今後数年間は高い成長を維持する可能性は十分にあるとも述べている。これはAppleのティム・クックCEOが好んで使う表現でもある。

Apple News ページナビゲーション (Since 2007)

Tsugawa.Tv

 

 


iPhone5s / iPhone5c


HDT.jp

Advertisements

Apple News for iPhone

iPhone/iPod touchに最適化したポータルサイトを用意しています。

Read Difference »

情報をお寄せください
iChat Status


Page Top▲