Top of page

Apple, iPhone, Mac, iPod, iPad最新ニュース | Tsugawa.Tv

contents

RSSを取得

- The best way to approach Apple ever in Japan -
   Apple, Mac, iPhone, iPad, iPod ニュース情報総合サイト

  ■ Appleをめぐる最新のニュースと細心の考察(Read the Difference that matters..)

%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%a7ipad%e3%81%ae%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e5%81%9c%e6%ad%a2%e5%91%bd%e4%bb%a4%ef%bc%9d%e5%95%86%e6%a8%99%e6%a8%a9%e4%be%b5%e5%ae%b3%e3%81%a7

中国でiPadの販売停止命令=商標権侵害で

iPad 商標権

「iPad」の商標権を主張する中国企業Proview Technologyと係争中のAppleだが、広東省恵州の中級人民法院は、恵州市内の大手販売店に対して「iPad」の販売停止を命じた。今回の判決では、地元家電量販チェーンSundanとAppleが「iPad」を販売することにより、Proviewの権利を侵害しているとされる。販売停止命令の範囲は恵州市のSundanのみとなっており、販売停止対象は限定的のようだ(FT.com)。ただし、ほかの一部地域で店頭から商品を撤去する動きがみられ、また、Proviewは40の都市で同様の訴えを起こしており、今後も販売停止の動きが広がる可能性がある。

 

Appleは2006年にProviewのグループ会社である台湾企業Proview Electronicsから「iPad」の商標権を5万5千ドルで買い取っていたが、Proview側は中国での商標権は含まれていないと主張し、Appleに対して損害賠償と「iPad」製品の販売差し止め請求を起こしていた。

 

今回、小売店に対して販売停止の命令が及んだことで、Proviewの裁判方針にも影響を与えそうだ。

ivy-bridge%e3%80%81%e5%87%ba%e8%8d%b7%e9%81%85%e5%bb%b6%e3%81%af%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%89%88%e3%83%87%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%82%a2%e3%81%ae%e3%81%bf%ef%bc%9f

Ivy Bridge、出荷遅延はモバイル版デュアルコアのみ?

デスクトップ版とモバイル版クアッドコアは予定通りに出荷

Intel Ivy Bridge

先週、Intelの第3世代コアiプロセッサ「Ivy Bridge」の出荷が6月以降に遅延する可能性が報じられたが、VR-Zoneによると、投入が遅れるのはモバイル版デュアルコアのみであり、デスクトップ版やモバイル版クアッドコアは影響を受けないとする見方を示した。モバイル版デュアルコアの投入時期が先送りされるのは、供給過多によるものだという。

 

この情報が正しいとするなら、全モデルでクアッドコアを採用する「iMac」は影響を受けない見通しだ。また、「MacBook Pro」は13インチモデルでデュアルコアを採用しているものの、22nmマイクロプロセッサ「Ivy Bridge」世代では熱処理の問題がクリアされ、13インチもクアッドコア採用の可能性が高いとされる(Mac Rumors)。

 

しかし、次世代「MacBook Pro」は、超薄型ノート「MacBook Air」の特徴を多く取り入れてデザインが一新されるとのがあり、プロセッサの選択にも影響を与えそうだ。

 

VR-Zoneによると、モバイル版デュアルコアの投入は5〜6月頃に延期される可能性があり、通常電圧版(M-series)および超低電圧版(U-series)が影響を受けるとみられるという。

 

この指摘が正しければ、超低電圧版U-seriesを採用する「MacBook Air」やIntel提唱のUltrabookのニューモデル投入は、早くても5月以降ということになる。
ただし、Intelは過去に何度か、Appleにカスタムチップを用意したこともあり、現時点での予測は限定的な側面となる。

 

[Update] Intel幹部、次期「Ivy Bridge」投入の先送りを明言

ipad-3%e3%80%81soc%e3%81%ab%e3%80%8ca5x%e3%80%8d%e6%90%ad%e8%bc%89%e3%81%8b%ef%bc%9d%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%8c%e3%83%aa%e3%83%bc

iPad 3、SoCに「A5X」搭載か=ロジックボード写真がリーク

「A6」ではなく「A5X」採用か=デュアルコアの可能性大

「A5X」for iPad 3

3月上旬のアナウンスが濃厚視されるAppleの次世代タブレット端末だが、中国の掲示板WeiPhoneに、次期「iPad 3」向けとされるロジックボードの写真が投稿され、注目を集めている。

 

リークした写真のロジックボードには、「A5X」とプリントされた新たなSoC(system on a chip)が搭載されている(via MacRumors)。

 

初代「iPad」のカスタムプロセッサには「A4」、第2世代「iPad 2」には「A5」が採用されていたことから、次期「iPad 3」には「A6」が搭載されるとみられていた。しかし、「A5」後継チップとして、プロセッサやグラフィックスをマイナーアップグレードした「A5X」が搭載される可能性があるようだ。

 

「A5X」には2011年第46週目(11月14〜20日)に製造したことを示す“1146”というの日付コードが記され、また、部品番号は「S5L8945X」とプリントされている。「A4」は「S5L8930X」、「A5」は「S5L8940X」だったことから、「A5X」はメジャーというよりはマイナーアップデートに属する刷新と呼べるのかもしれない。

 

これは次期「iPad 3」のカスタムチップが、クアッドコアではなくコア数が2基(デュアルコア)のまま据え置かれるようだとする噂と一致する。もっとも、リーク写真が最終の製品版ではなくプロトタイプの一つに過ぎない可能性も否定できない。

iPad 3のロジックボード
apple%e3%80%81%e3%80%8cos-x-mountain-lion%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b

Apple、「OS X Mountain Lion」の日本語紹介ページを公開

「OS X Mountain Lion」の日本語紹介ページ

Appleは2月19日、“先行告知”と題する次期「OS X Mountain Lion」(マウンテンライオン)の日本語紹介ページを公開した。

 

ビデオやスクリーンショットこそ(いつものように)英語だが、ほぼすべてのコンテンツが日本語化されており、今夏の本リリースに向けてユーザのワクワク感をいっそう刺激してくれそうだ。

 

なお、Mac Developer Programに参加しているデベロッパは、「Mountain Lion」のプレビュー版を入手可能だ。数百もの新しいAPIが加わっており、寝不足気味の方もおられるだろう。

 

OS Xの9番目のメジャーリリースとなる「Mountain Lion」の目玉機能として、iCloudとの統合(Documents in the Cloud)や、ノート、メッセージ、リマインダー、通知センターなどといったiPad機能の組み込み、Game Center、共有シート、AirPlayミラーリング追加などのほか、セキュリティ機能として「Gatekeeper」が追加となった。

 

また、iOSのiMessageをMacで利用できる次世代iChat「メッセージ」のベータ版が公開されており、現行「Lion」ユーザも次期「Mountain Lion」の魅力を一足先に体験できる。

 

「OS X Mountain Lion」の価格や公開日、システム条件などの詳細についてはアナウンスされていない。

ipad-3%e3%80%81%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%81%ae%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a6%e3%81%af8mp%e3%81%8b%ef%bc%9d%e6%96%b0%e3%81%9f%e3%81%aa%e8%83%8c%e9%9d%a2%e3%83%91%e3%83%8d

iPad 3、バックカメラの解像度は8MPか=新たな背面パネルの写真がリーク

iPad 3用パネルは中国のネットで販売中=122.99ドル

3月7日の発表が噂されるAppleの次世代タブレット端末「iPad 3」のさらなる画像がリークしており話題となっている。以前リークした背面ケース同様、Appleのロゴマークしか印字されておらず、テスト生産用パーツとみられる。

 

Apple Dailyが掲載した「iPad 3」と「iPad 2」、初代「iPad」の背面カバーパネルの比較写真(写真下)によると、裏面エッジ部分のテーパー形状の丸み(テーパー角度)が若干ではあるが異なっているのが分かる。

iPad 3 背面パネル比較写真

傾斜部分が長くなったこともあり、カメラレンズの穴の位置が傾斜上にあるのも確認できる。また、情報によるとカメラ解像度が現行の1Mピクセルから8Mピクセルにアップグレードするようだという。以前の報道でも、カメラのマウント形状が違っており、iPad 2とは異なるカメラレンズが実装されるようだと報じられていた。

 

なお、今週末、MacRumorsが入手して話題となった「iPad 3」用と思われるパネルは、中国TrueSupplierのサイトで販売されていたものであり、122.99ドルで購入したそうだ。製品名は「OEM Apple iPad 3 LCD Screen Display Replacement」で、現在も販売されており、誰でも買うことができるのだという。

 

蛇足ながら、今まで登場したiPad 3の噂や予想をまとめてみた。

  • 現地時間3月7日に米サンフランシスコで発表、その翌週(3月15〜16日前後)発売
  • スクリーンはシャープ製9.7インチパネルLCD解像度2,048×1,536(264ppi)Retina ディスプレイ搭載(「IGZO」?)
  • 4G LTE版の投入(CSフォールバック機能付き)
  • 次期モバイルチップ「A6」搭載でCPU/GPU処理速度が大幅アップ(クアッドコア OR デュアルコア=コア数が4基になるか2基のままか不明)
  • デバイスの厚みが1mm弱だが厚くなる(LEDバックライトシステムの刷新=デュアルライトバー採用?)
  • Siri機能追加(日本語にも対応)
  • スイッチ類、ホームボタン、内蔵スピーカー、ヘッドフォンジャックおよび30ピンDockコネクタはそのまま
  • 大容量のバッテリパック搭載
  • ロジックボードの再設計
  • カメラ機能の向上(背面メインカメラは800万画素・ソニー製イメージセンサー?)
  • iOS 5.1搭載(Facebook統合)
  • Smart Coverの刷新
  • 「iPad 2」は引き続き販売(値段引き下げ作戦)
google%e3%80%81safari%e3%81%ae%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%92%e8%aa%8d%e3%82%81%e3%82%8b%ef%bc%9d%e3%80%8c%e5%80%8b%e4%ba%ba%e6%83%85%e5%a0%b1

Google、Safariの情報トラッキングを認める=「個人情報は収集していない」

プロテクトを回避して追跡Cookieを仕込む

Google、Safariのcookie設定を操作

Googleをはじめとする一部の大手広告会社が、AppleのiOS端末/Mac搭載ブラウザ「Safari」のプライバシー機能を迂回して広告Cookieを保存させ、ユーザの行動情報を収集していたとThe Wall Street Journalが報じていた件で、Googleのレイチェル・ウェットストーン副社長は「個人情報は収集していない」とAppleInsiderなどを通じて声明を出した。

 

同氏によれば、このCookieは広告のパーソナライズ化や+1ボタンを埋め込むために使用した技術であり、個人情報を収集する意図は全く無かったのだという。問題のサードパーティCookieは、Googleのサーバとブラウザ間でやり取りする一時リンクであるが、個人情報とブラウジングとを結びつけるシステムは存在しないのだと釈明した。

 

Safariのデフォルト設定では、サードパーティや広告からのCookieをブロックするようになっている。しかし、GoogleはユーザがSafariを使用していることを、目には見えないインラインフレーム(iframe)経由で確認して、フォームを忍ばせ自動送信させることにより、プライバシー設定に関わらず、端末上にCookieの保存許可を出すとされる。
こうしてコンピュータやモバイル端末にインストールされた“Tracking Cookie”は、12〜24時間で期限切れとなる一時ファイルで基本的に無害ではあるが、Webサイトへの訪問を間接的に特定可能となるため、プライバシーの問題が付きまとう。

 

Googleのケースでは、Googleプラスにログインしていればアカウントに関する情報を含み、ログインしていなければCookieがコンピュータ上に残る仕組みになっていた。

 

スタンフォード大の研究員ジョナサン・メイヤー氏らは、GoogleのほかにもVibrant Media、Media Innovation Group、Gannett PointRollが、この広告cookieを通じてユーザの履歴情報を追跡していたことを発見したとされる。なお、WSJの指摘を受けて、Googleは広告cookieの削除を開始した。

ipad-3%e3%80%81retina%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e6%90%ad%e8%bc%89%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e3%81%8b%ef%bc%9d9-7%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%81%e8%a7%a3%e5%83%8f%e5%ba%a62048x15

iPad 3、Retinaディスプレイ搭載確定か=9.7インチ解像度2,048×1,536

次世代iPad、ピクセル数が4倍に

米国時間3月7日のアナウンスが予想されるAppleの次世代タブレット端末「iPad 3」だが、目玉の1つとして話題になってきた新たな超高解像度ディスプレイについて、MacRumorsは「iPad 3」のものとされるパネルを入手して精査した結果、パネルのピクセル数が現行の4倍となる「Retinaディスプレイ」であることが分かったという。

 

現行「iPad 2」の9.7インチパネルの解像度は1,024×768ピクセル(XGA:132ppi)だが、「iPad 3」は解像度2,048×1,536(QXGA:264ppi)となり、解像度が2倍となって、ピクセル数は4倍になるとみられる。なお、iPhone 4/4Sに搭載されている3.5インチパネルのピクセル密度326ppiだ。

 

電子顕微鏡によりピクセル密度を比較した写真では、縦横のピクセル数が2倍になっている様子が示されており、解像度アップが確認されている。

iPad 3 Retinaディスプレイ実証

 

これまでにもいくつものパーツがリークしており、また、iOSレベルでも高PPIバージョンの画像リソースが含まれるなど、解像度の引き上げが予想されてきた。

 

また、密度の高いRetinaディスプレイを実装するため、LEDバックライトシステムが刷新されるとみられ、デバイスの厚みがわずかながら増すとみられている。

 

「iPad 3」には新しいA6チップが搭載され、ほかにも4G LTE対応やカメラ機能強化、Siri機能の追加、バッテリ駆動時間の向上などが予想されている(Update:iPad 3、SoCに「A5X」搭載か=ロジックボード写真がリーク)。

 

Appleは来月7日に米サンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsでスペシャルイベントを開催して「iPad 3」をアナウンスするとみられ、その翌週(3月15日前後)には製品が店頭に並ぶ見通しだ。

 

[Update] iPad 3、バックカメラの解像度は8MPか=新たな背面パネルの写真がリーク

os-x-mountain-lion%e3%80%81%e5%af%be%e5%bf%9cmac%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e4%b8%80%e8%a6%a7

OS X Mountain Lion、対応Macモデル一覧

開発者向けに公開となった次期OS「OS X Mountain Lion」がサポートするMacコンピュータは以下の通りになる見込みだという(via TUAW)。

 

Intelの統合チップセットに内蔵されたGMA 950ならびにGMA X3100を搭載するMacは弾かれているようだ。

 

例えば、GMA 950を搭載するMacBook (Mid 2007) やGMA X3100を搭載するMacBook Air (Early 2008) などが非対応となる見通し。

[OS X Mountain Lion システム条件]

  • iMac (Mid 2007 以降)
  • MacBook (13インチ Aluminum 2008 以降), (13インチ Early 2009 以降)
  • MacBook Pro (13インチ Mid-2009 以降), (15インチ 2.4/2.2 GHz), (17インチ Late 2007 以降)
  • MacBook Air (Late 2008 以降)
  • Mac Mini (Early 2009 以降)
  • Mac Pro (Early 2008 以降)
  • Xserve (Early 2009 以降)
ios-5-1%e3%83%97%e3%83%acgm%e7%89%88%e3%81%8c%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%af%ef%bc%9dsiri%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%82%84%e6%96%b0%e3%82%ab%e3%83%a1

iOS 5.1“プレGM”版がリーク=Siriの日本語対応や新カメラスライダーUIなど

<iOS 5.1>Siri、日本語サポートへ

「iPad 3」の発表が間近に迫り、iOSの次期アップデート「iOS 5.1」公開のカウントダウンが進むなか、プレ・ゴールデンマスター(GM)版とされるファイナルビルド版のスクリーンショットがリークされた(BlogdoiPhone)。

iOS 5.1 スクリーンショット

「iOS 5.1」“プレGM”版では、ロック画面にカメラアイコンが常に表示されることと、Siriの設定画面で日本語が存在することの2点が確認されたという。

 

ロック解除スライダーの横にあるカメラボタンを上方向にスライドすることで、iPhone自体を完全にロック解除することなく、カメラアプリを起動可能となるようだ。これまでにもカメラアイコンを表示させることはできたが、ホームボタンをダブルタップする必要があった。タッチスクリーン上のジェスチャコントロールにより、ホームボタンへの依存度減に繋がるので歓迎したい。なお、スライドして「ロック解除する」ジェスチャコントロールについては、Appleは昨年、米国特許商標庁において特許取得に成功しており、最近のサムスン端末Galaxy Nexus特許侵害訴訟にも用いられている。

 

最新の情報では「iPad 3」の発表は3月7日(現地時間)が有力で、その翌週(3月15日前後)には発売されるとみられる。

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%afceo%e3%80%81arm%e7%89%88mac%e3%81%be%e3%81%9f%e3%81%afintel%e7%89%88ipad%e3%82%92%e7%a4%ba%e5%94%86

ティム・クックCEO、ARM版MacまたはIntel版iPadを示唆

「将来的にMac/iPhone/iPadが同じチップになる可能性を排除しない」

ARM版Mac

“OS X Mountain Lion”のプレビュー版がデベロッパ向けに公開されるなか、Appleのティム・クックCEOはThe Wall Street Journalとのインタビューに応え、iOSとOS Xのさらなる統合に加えて、タブレット端末とMacコンピュータのシンクロも視野に入れると語った。

 

クック氏は「多くの人達がiOS端末のアプリや機能を気に入ってくれており、必然的に我々はそれらをMacに取り入れることを考えていた」と述べた一方で、iOSとOS Xは共存する方針を示した。また、Mac OS X開発チームは、すでにOS X LionにiOS機能を取り入れていたが、今後もさらにiOSの特性をOS Xに融合させていく方針だという。

 

また、ARM版MacBookなのか、それともIntel版iPhone/iPadを意図しているのかは不明ながらも、将来的にMacとiOS端末が同じプロセッサを搭載する可能性を尋ねられたクック氏は「様々な可能性があり、いくつもの選択肢を検討する」と述べた。

 

クック氏は将来のMac製品に関する言及は避けたものの、MacBook Airについて「PCメーカーが真似ようとしているが、そう簡単ではないだろう」と述べ、Ultrabookより3年以上先行する薄型モバイル市場における優位性を示した。
また、今年第3四半期にもWindows 8を投入する計画にあるMicrosoftとの関係について、「Appleにとってあまりプレッシャーではない」と語り、「我々は自らの製品開発に集中するだけだ」と述べた。

Apple News ページナビゲーション (Since 2007)

Tsugawa.Tv

 

 


iPhone5s / iPhone5c


HDT.jp

Advertisements

Apple News for iPhone

iPhone/iPod touchに最適化したポータルサイトを用意しています。

Read Difference »

情報をお寄せください
iChat Status


Page Top▲