Top of page

本文

デル株式会社

iPhone

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bb%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b3%e3%83%a0%e3%80%81500%e4%b8%87%e5%8f%b0%ef%bc%8815%e5%84%84%e3%83%89%e3%83%ab%e5%88%86%ef%bc%89%e3%81%aeiphone%e8%b3%bc%e5%85%a5

チャイナ・ユニコム、500万台(15億ドル分)のiPhone購入へ=9月発売開始に向け

チャイナユニコム「iPhone」発売へ

International Business Timesによると、中国でAppleのスマートフォン「iPhone」を販売するとみられている、同国第2位の通信事業会社チャイナ・ユニコムが、9月の発売開始をにらみ、500万台(14億6千万ドル分)の「iPhone」を購入することでAppleと合意したようだと伝えています。

 

現地情報筋によると、チャイナ・ユニコムは既に、Appleに対して14億6千万ドル(@293ドル)を支払った模様。
この中国版「iPhone」は、今年秋以降の本格始動が予定されているW-CDMA方式の3Gネットワークサービスをサポートします。
また、売上の一部をAppleに支払うロイヤルティ協定は結ばれない模様。
しかし、それでもAppleには、1台あたり100ドル以上のグロスマージン(粗利益率)があるとみられ、それ以上に、ユーザ数1億3,500万を抱えるチャイナ・ユニコムは、Appleにとって大きな魅力でもあります。
また、チャイナ・ユニコムGM代理のZhou Youmeng氏によると、「iPhone」は初め、カルフール内のチャイナ・ユニコム3G売り場で販売され、その後、9月に入って全国の大規模直営店で販売される予定となっています。
広州にあるチャイナ・ユニコムの顧客開発部門GMのYu Zaonan氏は、販売価格について、8GBモデルは2,400人民元(3万3,776円)、16GBモデルは4,800人民元(6万7,553円)を予定していると述べています。

 

現地では既に「iPhone」のテストが繰り返されており、今のところ、バッテリやネットワーク、機械的なトラブルなどは見つかっておらず、順調なプロセスを歩んでいるようです。

 

現時点では、チャイナ・ユニコムが独占パートナーとなりそうですが、中国では「マルチキャリア戦略」も視野に入れられているようで、いずれ(遅かれ早かれ)同国1位の通信事業会社であるチャイナ・モバイルからも「iPhone」がリリースされるとみられています。

 

5to9Mac

Apple News トップへ

この記事への コメント & トラックバック

スパム対策といたしまして、記事の投稿2週間後にコメント/トラックバックの受付を終了しています。

コメントに関する注意事項

*スパム対策といたしまして、記事の投稿2週間後にコメント/トラックバックの受付を終了しています。

*基本的にお気軽に。自由にコメントをお寄せください!Apple/Mac/iOS関連の様々な情報をみんなでシェアしましょう!

*ただし、Tsugawa.TV の判断でスパムや不正な内容を含むコメントなどは削除させていただく場合がございます。また、その判断を一部自動化しているため、コメント投稿後サイト上に反映されるまで若干時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承のうえコメントをお寄せください。

*投稿したコメントを削除したい場合はこちらからご連絡ください。速やかに対応いたします。

*掲載されているコメントの内容についての責任はサイト運営者にはございません。各自の責任でご判断ください。

*著作権絡み、他人の悪口やいやがらせ、プライバシーに関わるコメントなどはお控えください。コメントの匿名性は、民事上あるいは刑事上の責任を免ずるものではありませんので十分ご注意ください。当サイトのプライバシー・ポリシーも併せてご確認ください。

コメント記入欄に戻る ^^

 

 

 

[PR] iPhone 11 シリーズを購入

Apple News Headlines

Apple, Mac, iPod, iPhone, iPad の最新ニュースはここでゲット!他には無いニュース満載です。

Read the Difference »

HDT.jp

Page Top▲