Top of page

Apple, iPhone, Mac, iPod, iPad最新ニュース | Tsugawa.Tv

contents

RSSを取得

- The best way to approach Apple ever in Japan -
   Apple, Mac, iPhone, iPad, iPod ニュース情報総合サイト

  ■ Appleをめぐる最新のニュースと細心の考察(Read the Difference that matters..)

iphone-5s-5c-%e5%9c%a8%e5%ba%ab%e6%83%85%e5%a0%b1-apple-storeginza

iPhone 5s / 5c 在庫情報 – Apple Store,Ginza

2013年10月5日 (土) アップルストア銀座におけるiPhone5sおよびiPhone5cの最新在庫情報をお届け。

iPhone 5s / 5c 在庫情報
  • 2013年10月5日早朝の情報として、iPhone5sは、シルバーとスペースグレイは在庫ありで当日買いOK(メモリ容量によっては無い場合も)。ゴールドは一台も無し。
  • キャリアはドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクどこでもOK。
  • 手続きに入るまでに約2時間程度待つ必要あり。
  • 毎日入荷がある訳ではないので注意が必要。
  • アップルストア自体も「明日の入荷が新たにあるかどうかは分からない状況」だという。
  • 一方のiPhone5cの在庫は潤沢。いつ行ってもほぼ買える状況。
    iPhone 5s 在庫
    haswell%e6%90%ad%e8%bc%89%e6%96%b0mba%e7%99%ba%e5%a3%b2%ef%bc%9dapple-store%e3%81%ab%e5%88%97%e3%80%81%e4%b8%80%e7%95%aa%e4%b9%97%e3%82%8a%e3%81%af%e7%99%ba%e8%a1%a8%e5%89%8d%e3%81%ae%e6%b7%b1

    Haswell搭載新MBA発売=Apple Storeに列、一番乗りは発表前の深夜12時〜

    Apple年次開発者会議「WWDC 2013」キックオフ

    Haswell搭載MacBook Air

    Appleは2013年6月11日(米国時間10日)、HaswellことIntel第4世代Coreプロセッサ搭載の新型「MacBook Air」を発売した。

     

    省電力性の高い22ナノメートルプロセスHaswell(開発コードネーム)搭載により、バッテリ駆動時間が大幅に向上したほか(最長12時間)、グラフィックス性能(最大40%UP)とフラッシュストレージ(最大45%UP)の高速化が図られたのが特徴。

     

    Haswellベースの新型MBAの主な仕様として、プロセッサは1.3GHzデュアルコアCore i5(1.7GHzデュアルコアCore i7選択可)、グラフィックはCPU内蔵GPU Intel HD Graphics 5000(TDP15W / ビデオメモリ最大1GB)、メモリはLPDDR3 4G(1,600MHz / 最大8GB)、ストレージは128/ 256GB SSD(最大512GB)、インターフェイスとしてThunderboltポートと2つのUSB 3ポートを備え、内蔵無線LANはIEEE802.11acをサポートする。バッテリ駆動は13.3インチモデルが最大12時間、11.6インチモデルが同9時間。OSはMac OS X Mountain Lionを搭載。
    なお、期待されたRetinaディスプレイは採用されなかった。また、ストレージ増強はあったもののスタート価格は円安を反映して事実上の値上がりとなった(9万8800円〜)。

     

    Apple StoreでHaswell搭載MacBook Air発売開始

    Apple Store銀座には、10時オープン前にAir目的で10人程度の行列ができた。驚くべきことに一番乗りの男性は、ティム・クックCEOらによるWWDC 2013基調講演スタート前の深夜12時過ぎに並び始めたという(わぉ!)。

     

    iPhone発売など大イベント時に行われる恒例のハイタッチこそなかったものの、スタッフによる拍手により温かく迎えられた。
    [Read More »]

    %e3%83%8f%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%83%a4

    ハレルヤ

    本業(HTML5+CSS3)のウェブサイト制作やウェヴアプリ開発が多忙を極め、Apple & テックニュース配信頻度が若干スローペースですが、スクープや独占記事を含めて、日々探求しておりますので、今後とも末永くご期待ください。

    Android 4.0 Advertisements

    今回、特別に、“Android” のキーワードで、制作見積より4.0%ほどお値引きします。この機会にぜひ、カッティングエッジなウェブサイト制作をご検討ください!

     

    現在、注力しているのは、HTML5+CSS3+JavaScriptによる、クロスブラウザ対応のアニメーションや古いタイプのサイトのリニューアルです。お見積もりなど、お気軽にどうぞ!

    %e6%96%b0ipad%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%81%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%89%e6%af%94%e8%bc%83%e3%81%aa%e3%81%a9

    新iPadレビュー、スピード比較など

    Macworldは明日発売開始となる新iPadの詳細なレビュー記事を掲載し、Retinaディスプレイの美しさやグラフィックス性能の大幅な向上、カメラ機能の強化などにフォーカスして、旧モデルとの比較を紹介している。

     

    まずはデザインに関して。相違点はほとんど無く、厚みの違いもほとんど認識されるレベルでは無いという。細かな違いは、Dockコネクタの内側部分の色が黒からシルバーに変更され、背面のメインカメラがわずかながらも大きくなった点が確認されている。やや重くなった重量については、「ずっと片手に持って使用するデバイスではない」ため、重要視するべき点ではないとしている。高精細ディスプレイや新しいプロセッサ、バックライトシステム、バッテリパック、LTEチップなどを搭載するため、従来の「薄く、軽く」の方式を覆さざるを得なかったようだ。

    Retinaディスプレイの旧モデルの比較

    ピクセル数が4倍となったRetinaディスプレイは、文字はもちろんのこと、特に写真や動画でその違いを劇的に味わうことができ、iPad 2では表現されなかったずっと多くのディテールを映し出すという(写真上が新iPadのピクセル密度)。とりわけ、動画再生は「ヘッドホンをして視聴すれば、“ひざ上でホームシアター”を実現する」とされる。

    新iPadのグラフィックスパフォーマンス

    グラフィックス性能については、新しい「A5X」チップの恩恵を受け、GLBenchによるテストでフレームレートは前世代モデルの1.6倍に、初代モデル比では13倍にもなるという(グラフが長いほど高速)。

    新iPadのCPUベンチマークテスト

    グラフィックスパフォーマンスが大幅に向上した一方で、プロセッサの処理速度に変更はみられず、GeekBenchによるテストではiPad 2の方がわずかながらも高速という結果となった(グラフが長いほど高速)。

    新iPadのWebパフォーマンス

    JavaScriptのベンチマークテストは同じ速度を計測したが、Webページのロードタイムは新モデルがわずかに高速であることが分かった(グラフが短いほど高速)。

    新iPadのカメラ性能

    新しいiSightのカメラ性能については、iPhone 4Sとほぼ同じレベルの高画質な写真撮影が可能であり、「他社のどのタブレット端末よりも優れている」と絶賛している。
    また、1080pのHDビデオ撮影は、暗い場所でも光を取り込んでキレイな画質で撮影が可能だとされる。

    %e6%96%b0ipad%e3%80%81%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e9%8a%80%e5%ba%a7%e3%81%ab%e5%88%97%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%81%8d%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af

    新iPad、アップルストア銀座に列ができ始めるのは今夜から?

    今週の金曜日に発売開始となる新型iPadをめぐっては、海外の一部Apple Storeですでに列が伸び始めているが、国内では今夜あたりから列ができ始めると思われる。

    新iPadを買い求める列

    Tsugawa.Tvの情報筋は3月14日、Apple Store銀座で “ミステリーチェアー” を発見したが、朝9時から午後4時現在まで、この椅子に座った人物は確認されておらず、Apple Storeのスタッフも渋い顔をしていたとされる(Thanx>ティップスター)。

     

    “ミステリーチェアー” は昨夜から今朝の間に置かれたとみられ、隣接する信号機の支柱にチェーンでロックされていた。

     

    しかし、14日午後4時現在、Apple Store銀座に並んでいる熱狂的ファンはまだ現れておらず、発売を2日後に控える今夜あたりから並べば、聖地でのトップランナーになれると思われる。

    apple%e3%80%81os-x-10-7-4%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e6%ba%96%e5%82%99

    Apple、OS X 10.7.4のシードを準備

    Appleのソフトウェア・アップデートに詳しい情報筋によると、「OS X 10.7.4」のプレリリース・ビルド版が数日内にもデベロッパ向けにシードされる見通しだという。

     

    「OS X 10.7.4 Beta」のアップデート内容は不明だとされるが、先ずはごく少数のデベロッパに配布され、今週末までにはApple Developer ConnectionのMacデベロッパに広く公開されるとみられている。

     

    %e3%80%8csafari-5-1-4%e3%80%8d%e5%85%ac%e9%96%8b%ef%bc%9djs%e9%ab%98%e9%80%9f%e5%8c%96%e3%80%81%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%83%90%e3%82%b0%e3%83%95%e3%82%a3

    「Safari 5.1.4」公開=JS高速化、セキュリティ・バグフィックスなど

    Appleは3月13日、同社Webブラウザ最新アップデート「Safari 5.1.4」を公開した。対応OSはOS X LionならびにSnow Leopardで、Windows版もリリースされている。

     

    Safari 5.1.4には安定性、互換性、およびセキュリティへの改善が含まれ、OS X Lion版では、JavaScriptのパフォーマンスがv5.1.3比で11%向上するという。

     

    また、PDF関連の修正やHTML5ビデオ視聴時のバグ、Cookieやリセットの問題および多数の脆弱性が修正される。

    apple%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97-%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%80%81%e3%80%8c

    Apple工業デザイントップ “サー・ジョナサン”、「より良いものにならなければ、先へは進めない」

    Jonathan Ive

    Appleのインダストリアル(工業)デザイン担当責任者である“ジョニー”ことジョナサン・アイブ上級副社長のインタビュー記事がLondon Evening Standardに掲載された(via Mac Rumors)。アイブ氏は大英帝国勲章のナイト・コマンダー(KBE)を受勲したことで、「サー」を付けて呼ばれている。

     

    アイブ氏はロンドン生まれの45歳で、「(生まれ故郷である)ロンドンや英国の文化がアイデアや思考、創造性、デザインに大きな影響を与えてきた」と述べ、「我々のゴールはとてもシンプルなものであり、より良い製品になるのでなければ、そのデザインを先に進めることはない」と語った。

     

    同氏は現在、Appleブランドのハイスペック次世代薄型テレビ「iTV」を開発中と噂されており、2012年後半から2013年にかけて市場投入が期待されている。

     

    彼自身もAppleに参加する前からのMacユーザであり、「ユーザは完成した製品からクリエイターの心を感じることができ、さらに創造することに費やした労力を感じることができるのではないかと思う」と語った。

     

    デザイナーがAppleのようなトップ企業の幹部に昇進することは、日常的にあまりみられる光景ではなく、アイブ氏の才能や貢献がクパチーノにとっていかに重要であるかを物語っているといえる。

    itunes-10-6%e3%80%81ios%e3%83%87%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%90%8c%e6%9c%9f%e3%81%a7192256kbps%e5%a4%89%e6%8f%9b%e3%81%8c%e5%8f%af%e8%83%bd%e3%81%ab

    iTunes 10.6、iOSデバイス同期で192/256kbps変換が可能に

    高解像度フォーマットの選択肢

    iTunes最新版v10.6では、iOSデバイス同期オプションとして、“ビットレートの高い曲を128kbps AACに変換する” 以外にも、圧縮オプションとして192kbpsや256kbps AACが選択可能になった(AppleInsider)。

    iTunes 10.6、192/256kbps変換が可能

    iTunes Storeの楽曲は256kbps AACフォーマットでエンコードされたiTunes Plus品質で提供されているが、ユーザがロスレスエンコーダで取り込んだ楽曲をより高音質でiPhoneなどへ転送することが可能になった。

     

    Appleは現在、ストリーミング配信時に帯域幅やiOSデバイスのストレージに自動対応する高音質オーディオフォーマットを開発中だともされており、クラウドサービスの音質向上が期待されている。

    7-85%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%81-ipad-mini%e3%80%81%e3%83%99%e3%82%bc%e3%83%ab%e5%b9%85%e3%81%8c%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%81%ab%ef%bc%9f

    7.85インチ “iPad mini”、ベゼル幅がスリムに?

    価格は249〜299ドルの可能性

    7.85インチ版iPad mini

    Appleが開発中と噂されている7.85インチ小型版 “iPad mini” について、台湾のITニュースサイトDIGITIMESは、ディスプレイの外枠に当たるベゼル幅がスリムになる可能性を報じた。

     

    上級サプライチェーン筋によると、小型版iPadは7.85インチの画面サイズを確保しつつ、本体サイズを小さく抑えるためにベセル幅をスリムにするとみられるという。これにより、ホームボタンが排除される可能性があるかもしれない。

     

    また、Appleが9.7インチサイズのメインストリーム製品に加えて、7.85インチサイズを投入するのは、AmazonのKindle FireやサムスンのGalaxy Tabに対抗するためとされ、価格帯は300ドル以内がターゲットになっており、249〜299ドルになる可能性があるという。
    Appleは売れ行きが好調なiPadの選択肢を増やして、今後も成長が見込めるタブレット市場における主導権を保持する狙いがあるようだ。

     

    7.85インチ版iPadはRetinaディスプレイを採用しない可能性があり、FFS(Fringe Field Switching)技術を採用したIPSパネルが採用され、パネルサプライヤーには韓国LG Displayおよび台湾AUO(AU Optronics)が候補として挙げられている。

     

    早ければ今年第3四半期(7〜9月期)にも生産を開始するとみられているが、実際に市場投入される製品群であるのかを含め、現段階では不確定要素が多いとみられる。

    Apple News ページナビゲーション (Since 2007)

    Tsugawa.Tv

     

     


    iPhone5s / iPhone5c


    HDT.jp

    Advertisements

    Apple News for iPhone

    iPhone/iPod touchに最適化したポータルサイトを用意しています。

    Read Difference »

    情報をお寄せください
    iChat Status


    Page Top▲