Top of page

本文スタート

new product

%e6%9d%b1%e8%8a%9d%e3%80%81cmos%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e9%9b%bb%e6%b3%a2%e3%81%b2%e3%81%9a%e3%81%bf%e4%bd%8e%e6%b8%9b%e5%9b%9e%e8%b7%af%e3%82%92%e6%90%ad

東芝、CMOSパワーアンプに電波ひずみ低減回路を搭載=世界初

まずは3G端末用から=電力効率が1.4倍改善

東芝は2月20日、携帯電話の電波の増幅に使用するCMOSパワーアンプの電波のひずみを低減する回路技術を新開発し、世界で初めてCMOSパワーアンプに集積することに成功したと発表した。まずは第3世代携帯電話(3G)端末向けに適用し、次世代通信への応用も検討するとしている。

 

携帯電話が基地局から遠距離にある時のみ電波がひずむことに着目して開発したとされ、パワーアンプからの出力パワーが0.2W以上となる時に限定して、電波状態を安定させるひずみ低減技術を作用させることにより、処理を単純化して回路を小さくしてCMOSパワーアンプへの集積を実現したという。

 

これまでのひずみ低減処理は演算量が多く回路が大きくなってしまうため、携帯電話用のパワーアンプに集積できず、また、限定的な設置面積のなか、外付け回路にもできなかった。

 

東芝によると、ひずみ低減回路を集積したCMOSパワーアンプは、チップ上で自律的にひずみを低減できるほか、外部からの制御や演算が不要なため、パワーアンプ本体だけを置き換えるだけで良いという汎用性が特長だとされる。さらに、電波状態の変動を自己制御することにより高い安定性を実現し、ひずみ低減機能をオフにした場合に比べ、電力効率が1.4倍改善するという。

 

携帯端末やタブレットなどが多数の周波数帯に対応するなか、パワーアンプは各無線規格に個別に対応する必要があり、また、連続駆動時間を延ばすためにも、最も電力を消費する部品の一つであるパワーアンプの高効率化が求められている。

Tech Newsトップへ戻る

この記事への コメント & トラックバック

スパム対策といたしまして、記事の投稿2週間後にコメント/トラックバックの受付を終了しています。

コメントに関する注意事項

*スパム対策といたしまして、記事の投稿2週間後にコメント/トラックバックの受付を終了しています。

*基本的にお気軽にコメントをお寄せください!様々な情報をみんなでシェアしましょう!

*ただし、Tsugawa.TV の判断でスパムや不正な内容を含むコメントなどは削除させていただく場合がございます。また、その判断の作業を一部自動化しているため、コメント投稿後サイト上に反映されるまでに若干時間がかかる場合もございます。あらかじめご了承のうえコメントをお寄せください。

*投稿したコメントを削除したい場合はこちらからご連絡ください。速やかに対応いたします。

*掲載されているコメントの内容についての責任は当サイト運営者にはございません。各自の責任でご判断ください。

*著作権絡み、他人の悪口やいやがらせ、プライバシーに関わるコメントはお控えください。コメントの匿名性は、民事上あるいは刑事上の責任を免ずるものではありませんので十分ご注意ください。

コメント記入欄に戻る ^^

[PR] iPhone Xs/Xs MAXを購入

RSSを購読

デル株式会社

Apple News Headlines

Apple, Mac, iPhone, iPad, iPod の最新ニュースはここでゲット!他には無いニュース満載です。

Read the Difference »

About Tsugawa.Tv

Tsugawa.Tvは、Apple、Tech、広告、デザイン、Webをはじめとする各種メディアのクリエイティヴ関連情報・アイデア・サービスの提供および共有を目指し、日々のニュースから身の回りの出来事まで、気ままに発信するニュース情報サイトです。「紙面を大きくはみ出す」ことと、「エレガントかつ斬新であり続ける」ことを基本姿勢に、プロフェッショナルで弾力性のあるサイト運営を心掛けています。

More Info »

Advertising

Tsugawa.Tvでは広告掲出を幅広く募集しています。お気軽にお問合せください。

Learn More »

Page Top▲