Top of page

本文

Suit

%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e8%a3%81%e5%88%a4%e6%89%80%e3%80%81%e3%83%a2%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8biphone-ipad%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e4%bb%ae%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%ad%a2

ドイツ裁判所、モトローラによるiPhone/iPad販売仮差し止め請求を認める

AppleのiPhoneおよび3G版iPadに使用されている3Gデータ通信技術が、モトローラ社保有の特許を侵害しているとして同端末の販売差し止めを求めていた裁判で、ドイツ・マンハイム連邦地裁は12月9日(現地時間)、モトローラの主張を認める仮処分決定を下した。

 

モトローラ(Motorola Mobility)は2011年4月、Appleによって「パケット無線電信システム向けにモバイル転送時にカウントダウン機能実行法」と題された欧州特許1010336 (B1)が侵害されていると主張して提訴。これはiPhone/iPadに組み込まれたGPRSと呼ばれるGSM方式のデータ伝送に関する技術であり、ドイツ地裁はFRAND条件(公平・妥当か つ非差別的な条件)のポリシーに反すると判断した模様だ。なお、この仮処分についてモトローラに対し1億ユーロの保証金を課すことを前提としている。

 

焦点となっているのは無線伝送の基礎になる技術であり、モトローラはiPhoneのオリジナルモデルが発売された2007年以降の損害を請求する可能性が高い一方で、Appleはこの判断を不服として高等裁判所に上告するとみられる。なお、Wi-Fi版iPadやiPod touchは対象外となっている。

 

AllThingsDによると、Appleは新たにドイツでiOS端末を輸入することはできないが、すでに同国内に十分な在庫を確保しており、クパティーノのスポークスマンは「我々は年末商戦にドイツでiPhone/iPadを問題なく販売できる」と述べているという。しかし、販売差し止め執行の猶予が認められない場合、ドイツ国内の在庫が無くなり次第、2012年以降同国内ではAppleのモバイル端末を購入できなくなる可能性がある。

 

ほかにも、フランスでサムスン電子がiPhone 4Sの販売差し止めを求めていた裁判ではサムスンの申請が却下され、また、オーストラリアではAppleによるサムスン製タブレット端末の販売差し止めが解除されるなど、スマホやタブレットの世界的な需要の高まりに比例するように、それらに関連する特許訴訟合戦が各地で繰り広げられている。

Apple News トップへ

この記事への コメント & トラックバック

スパム対策といたしまして、記事の投稿2週間後にコメント/トラックバックの受付を終了しています。

コメントに関する注意事項

*スパム対策といたしまして、記事の投稿2週間後にコメント/トラックバックの受付を終了しています。

*基本的にお気軽に。自由にコメントをお寄せください!Apple/Mac/iOS関連の様々な情報をみんなでシェアしましょう!

*ただし、Tsugawa.TV の判断でスパムや不正な内容を含むコメントなどは削除させていただく場合がございます。また、その判断を一部自動化しているため、コメント投稿後サイト上に反映されるまで若干時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承のうえコメントをお寄せください。

*投稿したコメントを削除したい場合はこちらからご連絡ください。速やかに対応いたします。

*掲載されているコメントの内容についての責任はサイト運営者にはございません。各自の責任でご判断ください。

*著作権絡み、他人の悪口やいやがらせ、プライバシーに関わるコメントなどはお控えください。コメントの匿名性は、民事上あるいは刑事上の責任を免ずるものではありませんので十分ご注意ください。当サイトのプライバシー・ポリシーも併せてご確認ください。

コメント記入欄に戻る ^^

 

 

 

[PR] iPhone Xs/Xs MAXを購入

Apple News Headlines

Apple, Mac, iPod, iPhone, iPad の最新ニュースはここでゲット!他には無いニュース満載です。

Read the Difference »

HDT.jp

Page Top▲