Top of page

テクノロジ・ニュース | Tsugawa.TV

本文スタート

RSS  Apple News

- The best way to approach the truth -
   テクノロジ・Web関連の最新ニュースはここでゲット!他には無いニュース満載です。

デル株式会社

  ■ Tsugawa.TV - 最新のTechニュースと細心の考察(Feel the truth that matters..)

%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%83%af%e3%80%81web%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%82%92%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%81

モリサワ、Webフォントサービスをローンチ

モリサワはWebフォントサービス「TypeSquare」を開始した。提供プランとして、ページビュー(PV)を基準に数種類がラインアップしており、数あるモリサワ書体のうち主要154書体を利用できる。なお、2012年12月31日まで「オープン記念¥0キャンペーン」を行なっており、すべてのフォントをPVの上限無く利用可能だ。

 

Webフォントはインターネットを介してフォントを配信する技術で、閲覧する環境にインストールされていないフォントでもブラウザ上で表示できるようになる。

 

「TypeSquare」は、専用htmlタグを挿入しスタイルでフォントを指定するだけで利用でき、サブセット化されたフォントが配信されるため、データサイズの増大を心配する必要もない。
また、Webフォントのメリットとして、テキスト情報が失われないことにより、検索、自動翻訳、音声読み上げ機能などとの親和性が高まり、拡大表示に耐える美しい表現が可能になる。

lenovo%e3%81%a8motorola%e3%80%81%e6%9d%a5%e9%80%b1%e3%81%ab%e3%82%82%e3%80%8cmedfield%e3%80%8d%e3%83%81%e3%83%83%e3%83%97%e6%90%ad%e8%bc%89%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%92%e7%99%ba%e8%a1%a8

LenovoとMotorola、来週にも「Medfield」チップ搭載スマホを発表か

Motorola Medfieldスマートフォン

来週27日にキックオフとなるMobile World Congress 2012において、LenovoとMotorolaがIntelのAtom系スマートフォンおよびタブレット向けSoC「Medfield」(開発コードネーム)を搭載するスマートフォンをアナウンスするとみられている(CNet)。

 

MotorolaのMedfieldチップベースのスマートフォンは情報や一部画像がリークしており、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)採用や毎秒15枚の高速連写機能などを備えるとされる。

 

また、Lenovoは4.5インチディスプレイ搭載のスマートフォン「K800」およびタブレット型端末「IdeaTab K2110」に関する詳細を公開するとみらる。

 

IntelはCES 2012で、Lenovoが32nm世代「Atom Z2460」(1.60Ghz)搭載のスマートフォンを2012年第2四半期に投入することや、Motorola Mobilityのスマートフォンおよびタブレット向けに「Atom」を複数年に渡り提供する契約を結んだことを発表していた。

google%e3%80%81%e5%b9%b4%e5%86%85%e3%81%abandroid%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%aear%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%8d%e3%82%92%e7%99%ba%e5%a3%b2

Google、年内にAndroidベースのAR対応スマートメガネを発売か

Googleのトップシークレット開発プロジェクト「Google X」において、Androidベースのスマートメガネが開発中であり、2012年内にも発売されるようだとNYTimesが現地時間21日付で報じた。Google共同創業者のセルゲイ・ブリン氏やLatitudeを開発したエンジニアであるスティーブ・リー氏がリーダーとしてチームを率いているという。

 

Googleの匿名の内部情報として、価格はスマートフォンと同程度(200〜650ドル)が見込まれ、3G/4Gネット接続やモーションセンサ、GPS機能などが内蔵されるほか、カメラ機能も搭載されて、Google LatitudeやGoogle Goggles、Google MapSなどと連携し、AR(拡張現実)を使ってデータをオーバーレイで映し出すことも可能とされる。
また、操作システムとして、首を傾けるだけでスクロールやクリックが可能であり、操作を習得するのも容易いという。

 

GoogleはこのARメガネを今年後半にも実験的に売り出す予定で、購入者の受けが良ければ収益性を考慮して製品化を進める方針だ。

 

Appleも音声認識技術「Siri」を利用可能な、手首に装着するウェアラブルコンピュータの開発を進めていると噂されている。

 

「Google X」は、Googleの社員でさえ存在を知らされていない極秘プロジェクトで、セルゲイ・ブリン氏やラリー・ペイジ氏、エリック・シュミット会長らが深く関わっており、スタンフォード人工知能研究所のセバスチャン・サーン氏がリーダーとしてチームを率いているとされる。

microsoft%e3%80%81%e6%ac%a1%e4%b8%96%e4%bb%a3%e3%80%8cskydrive%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%96%b0%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e7%99%ba%e8%a1%a8%ef%bc%9dwindows-8%e3%81%a7metro%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4

Microsoft、次世代「SkyDrive」の新機能を発表=Windows 8でMetroスタイルに

Microsoftは2月20日(現地時間)、次期「Windows 8」で提供するオンラインストレージ「SkyDrive」の新機能を発表した。

 

2日前にリークした通り、デスクトップ版クライアントが導入されるほか、未定ながらも25Gバイトの無料版に加えて容量を有料で追加できるオプションが加わりそうだ。

次世代「SkyDrive」

「Windows 8」ではMetroスタイルのアプリが用意され、すべてのMetroアプリケーションが「SkyDrive」と連携する。また、Live Meshと統合されて、SkyDrive.com経由で「SkyDrive」に接続するパソコンデータにもアクセス可能となる。

 

また、デスクトップではWindows ExplorerやMicrosoft Officeから直接操作可能となり、さらに「Windows Vista/7」もサポートされる(2Gバイトまでアップロード可)。

 

Microsoftは、2月29日にリリース予定の「Windows 8コンシューマープレビュー版」に、次期「SkyDrive」アプリケーションの早期バージョンを搭載する予定だ。

%e6%9d%b1%e8%8a%9d%e3%80%81cmos%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e9%9b%bb%e6%b3%a2%e3%81%b2%e3%81%9a%e3%81%bf%e4%bd%8e%e6%b8%9b%e5%9b%9e%e8%b7%af%e3%82%92%e6%90%ad

東芝、CMOSパワーアンプに電波ひずみ低減回路を搭載=世界初

まずは3G端末用から=電力効率が1.4倍改善

東芝は2月20日、携帯電話の電波の増幅に使用するCMOSパワーアンプの電波のひずみを低減する回路技術を新開発し、世界で初めてCMOSパワーアンプに集積することに成功したと発表した。まずは第3世代携帯電話(3G)端末向けに適用し、次世代通信への応用も検討するとしている。

 

携帯電話が基地局から遠距離にある時のみ電波がひずむことに着目して開発したとされ、パワーアンプからの出力パワーが0.2W以上となる時に限定して、電波状態を安定させるひずみ低減技術を作用させることにより、処理を単純化して回路を小さくしてCMOSパワーアンプへの集積を実現したという。

 

これまでのひずみ低減処理は演算量が多く回路が大きくなってしまうため、携帯電話用のパワーアンプに集積できず、また、限定的な設置面積のなか、外付け回路にもできなかった。

 

東芝によると、ひずみ低減回路を集積したCMOSパワーアンプは、チップ上で自律的にひずみを低減できるほか、外部からの制御や演算が不要なため、パワーアンプ本体だけを置き換えるだけで良いという汎用性が特長だとされる。さらに、電波状態の変動を自己制御することにより高い安定性を実現し、ひずみ低減機能をオフにした場合に比べ、電力効率が1.4倍改善するという。

 

携帯端末やタブレットなどが多数の周波数帯に対応するなか、パワーアンプは各無線規格に個別に対応する必要があり、また、連続駆動時間を延ばすためにも、最も電力を消費する部品の一つであるパワーアンプの高効率化が求められている。

ms%e3%80%81skydrive%e6%9c%89%e6%96%99%e7%89%88%e3%82%92%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%81%8b%ef%bc%9dwindows%e3%81%a8os-x%e3%81%ae%e3%83%87%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e7%89%88%e3%82%a2

MS、SkyDrive有料版を導入か=WindowsとOS Xのデスクトップ版アプリも用意?

MicrosoftはWindows Liveとして提供している無料オンラインストレージ「SkyDrive」について、現在の無料版に加えて、容量をアップさせた有料版の導入を検討しているようだ。また、Windows / OS X向けのデスクトップ版クライアントを開発しているとみられる(Gemind)。

SkyDrive for PC/Macアプリ

リークしたスクリーンショットによれば、基本の25Gバイトに対し、さらに20Gバイト(10ドル/年)、50Gバイト(25ドル)、100Gバイト(50ドル)をオプションで追加できるとされる。なお、Dropboxの場合、基本は2GB(無料)、50Gバイトは9.99ドル/月、100Gバイトは19.99ドル/月となっている。

 

すでにWindows PhoneやiOS向けSkyDriveアプリは投入されており、また、今回リークされたMacやPCのクライアント版や有料オプション投入についても昨年夏以降、何度か噂となっていた。

microsoft%e3%80%81%e3%80%8cwindows-8%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%82%92%e5%85%ac%e9%96%8b%ef%bc%9d%e6%97%97%e3%81%8b%e3%82%89%e7%aa%93%e3%81%b8%e5%9b%9e%e5%b8%b0%e3%80%81metro

Microsoft、「Windows 8」のロゴを公開=旗から窓へ回帰、“Metroスタイル”採用

Windows ロゴの歴史

Microsoftは現地時間2月17日、次期OS「Windows 8」(開発コード名)のロゴを発表。MetroスタイルUIにマッチした非常にシンプルなデザインを展開する。

 

ここ最近のロゴは曲線を使用したり立体性や素材感を持たせるなど、やや凝ったデザインだったが、一転してシンプルかつモノトーンのタイル状マークとフォントが採用された。

 

「Windows 8」のロゴ

MSは次世代OSにおいて、Windowsオペレーションシステムの完全な再創造を目指しており、開発責任者であるサム・モロー氏によれば、ロゴも例外ではないとして、Pentagram社の協力のもと一から見直したとされる。

 

新ロゴにはこれまでの象徴だった“旗”が無くなり、窓をイメージしたという4個の四角形が遠近法を使ってデザインされている。タイポグラフィには何の飾り気もなく、そこら辺のフリーフォントから引っ張り出してきたもののようにも感じる。グラフィックソフトのペンツールで丁寧にトレースしても、わずか数分で終わってしまうだろう。

 

モロー氏によると、モダンとクラシックの両方を取り入れるために、“Metroスタイル”のデザイン哲学に多大な影響を与えたスイス・スタイル(国際タイポグラフィー)様式を取り入れ、空港や地下鉄で見かけるようなサインシステムを彷彿とさせるシンプルなデザインに仕上がったのだとされる。

 

また、完全にデジタルであることを表現するために、ガラスやプラスチックなどの素材感を取り入れておらず、さらに、背景色を変えるとロゴの色も変わるのだという。

 

「Windows 8」の正式名称や公開時期などは発表されていない。なお、2月29日に「Windows 8」のコンシューマープレビュー(x86/x64版)が公開予定となっている。

android-5-0%e3%80%814%e3%80%9c6%e6%9c%88%e3%81%ab%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%99%82%ef%bc%9d%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%90%8d%e3%81%afjelly-bean%e3%81%ab%ef%bc%9f

Android 5.0、4〜6月に発表との噂=コード名は“Jelly Bean”に?

DIGITIMESはサプライヤー筋の話として、Googleの次期「Android 5.0」が今年第2四半期(4〜6月)にも公開されるようだと報じた。Googleのデベロッパ向け年次カンファレンス「Google I/O 2012」で発表される可能性があるようだ。

 

Ice Cream Sandwich後継となる「Android 5.0」はコードネーム“Jelly Bean”と呼ばれ、タブレット端末に最適化されるのが特徴だとされる。
また、興味深い話として、MSの次期「Windows 8」を搭載するタブレットPCに追加し、再起動することなくOSを切り替え可能なデュアルOS設計になるという。

 

Googleはノートブック向けには「Chrome OS」を展開するが、今後は「Android」との統合を深化させていく方針なのかもしれない。

%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%a2%e3%80%81nottv%e5%af%be%e5%bf%9c%e7%ab%af%e6%9c%ab2%e6%a9%9f%e7%a8%ae%e3%82%92%e7%99%ba%e8%a1%a8%ef%bc%9d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e5%90%91%e3%81%91%e3%83%86%e3%83%ac

ドコモ、NOTTV対応端末2機種を発表=スマホ向けテレビが4月開局

NTTドコモは2月16日、スマートフォン向けマルチメディア放送「NOTTV(ノッティーヴィー)」に対応する端末として、シャープ製4.5インチ・3D表示対応の液晶搭載スマホ「AQUOS PHONE SH-06D」とNEC製7インチ液晶搭載タブレット「MEDIAS TAB N-06D」を発表した。

NOTTV

ドコモが一部出資するmmbiは同日、モバキャス放送局「NOTTV」を4月1日に開局すると発表。料金は月額420円で、最初の30日間を無料にするキャンペーンを実施する。なお、2014年までに全国規模で展開する計画だ。

 

「NOTTV」はリアルタイム番組が3チャンネル用意されるほか、番組をSDカードに保存して後で見るシフトタイム視聴も用意され、mmbiは初年度に100万件の契約を目指すとしている。通信回線ではなく、放送波を使うのが特徴だ。

NOTTV発表イベント

コンテンツとして、SNSと連動するドラマやスポーツ、24時間ニュースなどを提供。独自番組を多く取り入れ、生放送番組にも注力する。

 

ドコモはこの日発表した2機種に加えて、上半期中に「NOTTV」対応端末を5機種を投入する予定。なお、「NOTTV」を視聴するには独自装置が必要なため、AppleのiOS端末(iPhone/iPad)で見ることはできない。

%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%80%81%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%81%ae100%e5%ad%90%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%8c%96%e3%82%92%e5%ae%8c%e4%ba%86%ef%bc%9d%e6%96%b0%e7%a4%be%e5%90%8d%e3%81%af

ソニー、ソニエリの100%子会社化を完了=新社名は「ソニーモバイルコミュニケーションズ」

ソニーは2月16日、ソニー・エリクソンの100%子会社化が完了したと発表。現地時間2月15日にスウェーデンのエリクソン社が保有する株式50%の取得が完了した。新しい会社名は「ソニーモバイルコミュニケーションズ AB」(Sony Mobile Communications AB)となる。

 

ソニーは声明のなかで、「携帯電話事業をエレクトロニクス事業に完全に取り込むことで、スマートフォンとタブレット、テレビ、PCなどの幅広いネットワーク対応コンスーマー製品群の融合をさらに加速する」としており、事業融合を加速させる方針を改めて示した。

 

同社は4月1日付でCEOも交代する。ハワード・ストリンガー氏にかわって“Kaz”こと平井一夫副社長が社長兼CEOに昇格する。主力の液晶テレビ事業が8期連続で赤字見通しのなか、ソニーの持つ多様なハードウェアとコンテンツの融合がうまく行けば、V字回復も期待できるだろう。

Tech News ページナビゲーション(Since 2007)

*Apple Newsはこちらの専用ページに掲載しています。

Tsugawa.Tv

デル株式会社

[PR] iPhone Xs/Xs MAXを購入

RSSを購読

デル株式会社

Apple News Headlines

Apple, Mac, iPhone, iPad, iPod の最新ニュースはここでゲット!他には無いニュース満載です。

Read the Difference »

About Tsugawa.Tv

Tsugawa.Tvは、Apple、Tech、広告、デザイン、Webをはじめとする各種メディアのクリエイティヴ関連情報・アイデア・サービスの提供および共有を目指し、日々のニュースから身の回りの出来事まで、気ままに発信するニュース情報サイトです。「紙面を大きくはみ出す」ことと、「エレガントかつ斬新であり続ける」ことを基本姿勢に、プロフェッショナルで弾力性のあるサイト運営を心掛けています。

More Info »

Advertising

Tsugawa.Tvでは広告掲出を幅広く募集しています。お気軽にお問合せください。

Learn More »

Page Top▲