Top of page

テクノロジ・ニュース | Tsugawa.TV

本文スタート

RSS  Apple News

- The best way to approach the truth -
   テクノロジ・Web関連の最新ニュースはここでゲット!他には無いニュース満載です。

デル株式会社

  ■ Tsugawa.TV - 最新のTechニュースと細心の考察(Feel the truth that matters..)

%e3%83%91%e3%83%8a%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%81%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ba%e6%a9%9f%e3%80%8cdmc-gf1%e3%80%8d%e7%99%ba

パナソニック、マイクロフォーサーズ機「DMC-GF1」発表=AVCHD Lite動画に対応

小型・軽量のマイクロフォーサーズ新機種「GF1」

 

DMC-GF1

パナソニックは2日、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠したレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-GF1」を9月18日に発売すると発表しました。
価格はオープンプライスですが、店頭予想価格はボディ単体「DMC-GF1」(エスプリブラックのみ)が7万円前後、パンケーキレンズ「LUMIX G 20mm /F1.7 ASPH.」が付属する「DMC-GF1C」(エスプリブラック/アーバンレッド/シェルホワイト)が9万円前後、標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-45mm /F3.5-5.6 ASPH./ MEGA O.I.S.」が付属する「DMC-GF1K」(エスプリブラックのみ)が9万円前後の見込みです(カッコ内はカラーバリエーション)。

 

マイクロフォーサーズ機「LUMIX G」シリーズの第3弾となる「GF1」は、「G1/GH1」よりさらに小型・軽量化が図られ、「おまかせiAモード」や「マイカラーモード」が強化されて、AVCHD動画に対応したことなどが特徴。
別売のライブビューファインダー(DMW-LVF1:2万円前後)を装着することで、視野率100%のフルタイムライブビュー撮影も可能になります(チルト機構付き)。なお、ボディ内手ブレ補正機構は非搭載。

 

GF1」の主なスペックとして、撮像素子は有効1,210万画素の4/3型Live MOSセンサー、ISO感度は最大3200、記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、画像フォーマットはJPEG(DCF/Exif 2.21準拠)/RAW(独自)/DPOF、動画フォーマットはAVCHD Lite/QuickTime Motion JPEG、ファイルサイズは静止画最大4000×3000[4:3]/4000×2248[16:9]/動画最大1280×720[16:9]、連写は約3コマ/秒、フラッシュはTTL調光内蔵フラッシュGN 6相当(ISO100・m)、電源はリチウムイオンバッテリーパック(DMW-BLB13)などとなっており、サイズは119(W)× 36.3(D)×71(H)mm(突起部除く)、重量は約285g(本体のみ)。

%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%81%e3%80%8cmovable-type-5%e3%80%8d%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%bf%e7%89%88%e5%85%ac%e9%96%8b

シックス・アパート、「Movable Type 5」ベータ版公開

「Movable Type 5 BETA 1」リリース

 

Movable Type 5 BETA 1

ブログソフトウェア開発のシックス・アパートは2日、次期「Movable Type 5.0」の開発者向け公開ベータテストを開始したと発表しました。
同ベータ版は当初、8月上旬に公開が予定されていましたが、9月上旬に公開が延期されていました。

 

「Movable Type 5.0」では、管理画面が刷新されるほか、複数ブログの運営およびポータルサイトの制作を効率化するウェブサイト管理や、ウェブサイトのデザインをまとめて保存・配布が可能なテーマ機能、記事・テンプレートの更新履歴保存、カスタムフィールドなどの機能が強化されています。

 

「Movable Type 5.0 Beta 1 日本語(英語)ビルド」(MT-5.0b1)は、こちらのページでダウンロードが可能。なお、ベータソフトウェアは本番環境で使用せず、別のデータベースを使用するよう推奨されています。

 

また、ベータ公開にあわせて、MT5書籍のプレゼントキャンペーンが実施されています(9月30日まで)。

%e6%9d%b1%e8%8a%9d%e3%80%81640gb%e3%81%ae2-5%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%81sata-hdd%e3%80%8cmk6465gsx%e3%80%8d%e7%99%ba%e8%a1%a8

東芝、640GBの2.5インチSATA HDD「MK6465GSX」発表

業界最大クラス640GBの2.5インチHDDサンプル出荷開始

 

MK6465GSX

東芝は2日、記憶容量640GBの2.5インチSATA HDD「MK6465GSX」を商品ラインアップに加え、今月からサンプル出荷をスタートさせると発表しました。

 

MK6465GSX」は、磁気ヘッドやディスクの磁性層の改善により、面記録密度が817.9Mbit/mm2に向上したことで、ディスク2枚版クラス最大の記憶容量となる640GBを実現しています。
また、エネルギー消費効率は従来機種「MK5055GSX」(500GB)と比べて、約28%向上し、さらに本体全体のハロゲンフリーを実現。
ほかにも、磁気ディスク装置の落下を検知して衝突前にヘッドを退避させるフリーフォールセンサー機能をオプションで搭載可能です。

 

東芝は、「MK6465GSX」を加えた640/500/320/250/160GBの新ラインアップにより、ハイエンドノートPCやデスクトップPC、録画機能付き薄型テレビ、HDDレコーダーなどの大容量ストレージのニーズに応えたいとしています。

microsoft%e3%80%81%e3%80%8cwindows-mobile-6-5%e3%80%8d10%e6%9c%886%e6%97%a5%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%9d%e3%80%8cwindows-phone%e3%80%8d%e4%b8%80%e6%96%89%e3%81%ab%e7%99%ba%e5%a3%b2

Microsoft、「Windows Mobile 6.5」10月6日リリース=「Windows Phone」一斉に発売へ

MS、最新OS搭載スマートフォンでiPhoneやBlackBerryに対抗

 

Windows Mobile 6.5

Microsoftは9月1日(米国時間)、次期携帯端末向けOS「Windows Mobile 6.5」を初めて搭載した「Windows Phone」の販売を、10月6日に全世界でスタートすると発表しました。
また、アプリケーション配信サービス「Windows Marketplace for Mobile」と、無料バックアップ同期サービス「My Phone」も併せて正式にローンチする予定。

 

最新OSを搭載した「Windows Phone」は、米国のAT&T、Verizon Wireless、Sprintをはじめ、日本では、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコムから発売されます。
また、アジア太平洋地域の端末メーカーとして、Acer、HTC、LGエレクトロニクス、サムスン、ソニー・エリクソン、東芝が挙げられています。

 

これまでPCで行っていた作業がモバイル環境でスムーズに可能になるという「Windows Phone」は、新レンダリングエンジンとAdobe Flash Liteのサポートが組み込まれた「Internet Explorer Mobile」や、Word/Excel/PowerPointなどの書類が編集可能な「Office Mobile」、メール向けソフト「Office Outlook Mobile」などが刷新され、、ポータルサービス「Windows Live」やTwitter/Facebookなどソーシャルネットワーキングサービスとの連携も強化されます。

 

Microsoftは、「Windows Mobile 6.5」で、タッチスクリーン機能やUI、ビジュアルの改良のほか、PC版レベルのレンダリングをブラウザに組み込み、さらに、データ同期「My Phone」やオンラインストア「Windows Marketplace」などといった一連の新サービスを提供することで、Research In Motion(RIM)やApple、Google(Android)、Palmなどに対抗したいとしています。

%e3%80%90%e5%b8%82%e5%a0%b4%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%80%91%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%82%b6%e3%81%a7%e3%81%af%e3%80%8cgoolge-chrome%e3%80%8d%e3%81%8c%e5%a5%bd%e8%aa%bf%e3%80%81os%e3%81%a7

【市場シェア】ブラウザでは「Goolge Chrome」が好調、OSでは「Windows 7」が「Tiger」超え

2009年8月の最新市場シェア調査

 

Webトラフィック解析調査会社Net Applicationsは9月1日、世界中のオンラインユーザに占めるウェブブラウザやOS、検索エンジンなどの最新市場シェア調査結果を発表しました。

 

なお、2009年8月1日付けで集計方法が変更されています。新たな調査方法についての詳細は、先月の記事(7月の市場シェア調査)を参照ください。

 

 

■ 2009年8月のウェブブラウザ市場シェア

 

2009年8月/Webブラウザ市場シェア

2009年8月のウェブブラウザの市場シェアは、Windows「Internet Explorer(IE)」が66.97%(-0.71)、Mozilla「Firefox」が22.98%(+0.51)、Apple「Safari」が4.07%(±0)、Goolge「Chrome」が2.84%(+0.25)、「Opera」が2.04%(+0.07)、「Netscape」が0.58%(-0.18)などとなっています(カッコ内は前月比/pt)。

 

また、昨年9月から今年8月までの主要ブラウザの市場シェア推移は下図の通り。

 

「Goolge Chrome」のシェア増が顕著で、前月比で10%近い成長率をみせています。
また、「IE」は依然としてシェアを落とし続け、「Firefox」は順調にシェアを伸ばしていることが分かります。

Webブラウザシェアの推移
年-月
IE
Firefox
Safari
Chrome
Opera
Netscape
08-09 74.18% 19.07% 2.82% 1.10% 2.01% 0.41%
08-10 73.64% 19.60% 2.87% 1.00% 2.12% 0.39%
08-11 71.61% 21.21% 3.08% 1.11% 2.17% 0.44%
08-12 70.50% 21.69% 3.14% 1.40% 2.17% 0.42%
09-01 69.72% 22.11% 3.62% 1.52% 2.23% 0.43%
09-02 69.23% 22.58% 3.47% 1.54% 2.19% 0.62%
09-03 68.46% 23.30% 3.63% 1.62% 2.12% 0.50%
09-04 67.77% 23.84% 3.53% 1.79% 2.04% 0.64%
09-05 68.10% 22.75% 3.70% 2.18% 2.06% 0.81%
09-06 68.32% 22.43% 3.79% 2.40% 2.03% 0.60%
09-07 67.68% 22.47% 4.07% 2.59% 1.97% 0.67%
09-08 66.97% 22.98% 4.07% 2.84% 2.04% 0.49%

2009年8月 ブラウザシェア(バージョン別)

8月のウェブブラウザ市場をバージョン別でみると、「Internet Explorer 6.0」がトップで25.25%(-2.04)、以下、2位「Internet Explorer 7.0」は21.10%(-2.01)、3位「Internet Explorer 8.0」は15.10%(+2.64)、4位「Firefox 3.0」は12.48%(-3.73)、5位「Firefox 3.5」は8.88%(+4.34)、6位「Safari 4.0」は2.55%(+0.33)、7位「Chrome 2.0」は2.50%(+0.13)、8位「Internet Explorer 8.0 互換モード」は2.46%(+0.34)、9位「Opera 9.x」は1.76%(+0.03)、10位「Firefox 2.0」は1.37%(-0.08)などとなっています(カッコ内は前月比/pt)。

 

「Internet Explorer 8.0」と「Firefox 3.5」がそれぞれ大きくシェアを拡大しています。

 

 

■ 2009年8月のOS市場シェア

 

2009年8月 OSシェア

2009年8月のオペレーティング・システム(OS)の市場シェアは、1位「Windows」が93.06%(+0.02)、2位の「Mac」が4.87%(+0.01)、3位「Linux」が0.94%(-0.11)、4位「iPhone」が0.33%(+0.03)、5位「Java ME 」が0.31%(+0.02)、6位「Symbian」が0.14%(±0)、7位「iPod touch」が0.07%(+0.01)、8位「Windows Mobile」が0.05%(-0.01)などとなっています(カッコ内は前月比/pt)。

 

「Windows」の圧倒的シェアは相変わらずですが、「iPhone」のシェアが増加しており、OS市場で4番目の勢力の地位を確実なものとしています。

 

また、OSのバージョン別では、Windows XPがトップで71.79%(-1.14)、2位「Windows Vista」は18.80%(+0.9)、3位「Mac OS X 10.5 Leopard」は3.45% (+0.03)、4位「Windows 7」は1.18%(+0.29)、5位「Mac OS X 10.4 Tiger」は0.99%(-0.04)、6位「Linux」は0.94%(-0.11)、7位「Windows 2000」は0.93%(-0.04)、8位「iPhone」は0.33%(+0.03)などとなっています(カッコ内は前月比/pt)。

 

一般発売前の「Windows 7」が早くも「Mac OS X 10.4 Tiger」のシェアを超えました。
また、8月のシェアが「iPod」の0.07%を下回る0.06%だった「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」が、来月以降、どのくらいシェアを伸ばすか見所です(同OSは8月末に発売されたばかり)。

 

 

■ 2009年8月の検索エンジン市場シェア

 

2009年8月 検索エンジンシェア

2009年8月の検索エンジン市場シェアは、「Google」が83.33%(+4.88)で首位で、「Yahoo」が7.28%(+0.12)で2位に続き、「Bing」が3.52%(+0.35)で3位、「Baidu」が8.87%(-5.41)で4位、「AOL」が0.65%(+0.07)で5位、「Ask」が0.61%(+0.08)で6位などとなっています(カッコ内は前月比/pt)。

 

Googleが8割を超える大きなシェアを獲得して独走しています。「Baidu」は一気にシェアを下げ、Microsoftの新しい検索エンジン「Bing」はシェアを伸ばしています。
なお、MSの「Bing」は、米国エリアでの市場シェアは8.4%を超えており、前月の7.8%からシェアを拡大させています。

%e3%82%ad%e3%83%a4%e3%83%8e%e3%83%b3%e3%80%81%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a2%e5%90%91%e3%81%911800%e4%b8%87%e7%94%bb%e7%b4%a0%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab

キヤノン、ハイアマチュア向け1800万画素デジタル一眼レフ「EOS 7D」を10月上旬発売

「デュアル DIGIC 4」搭載で高速・高精細画像処理が可能に

 

EOS 7D

キヤノンは2009年9月1日、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラの新製品「EOS 7D」を10月上旬に発売すると発表しました。
APS-Cサイズの約1,800万画素CMOSセンサーと、高性能映像エンジンを2個装備した「デュアル DIGIC 4」を採用し、ファインダー視野率100%と約8コマ/秒の高速連写、フルHD動画撮影に対応するのが特徴。
価格はオープンですが、店頭予想価格はボディ単体が19万円前後で、「EOS 7D EF-S15-85 IS U レンズキット」が27万前後、「EOS 7D EF-S18-200 IS レンズキット」が26万円前後の見込みです。

 

EOS 7D」は、APS-CサイズとしてEOS DIGITAL初のファインダー視野率100%を実現したほか、クラス最多となる約1,800万画素のCMOSセンサーを搭載。
「デュアル DIGIC 4」の採用により、最高約8コマ/秒の高速連写や、低ノイズ現像処理の高速化による常用ISO感度の向上(ISO100〜6400)をはじめ、多彩な画像処理機能、フルHD動画撮影、ライブビュー撮影機能など、多くの機能に磨きがかけられています。

[Read More »]

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%81%e3%80%8cwindows-7%e3%80%8d%e6%b3%95%e4%ba%ba%e5%90%91%e3%81%91%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%92%e7%99%ba

マイクロソフト、「Windows 7」法人向けライセンスを発売開始

来月22日の個人向け販売に先駆け企業向けに今日から販売

 

マイクロソフトは1日、次期Windowsオペレーティングシステム「Windows 7」日本語版(Windows 7 ProfessionalとWindows 7 Enterpriseの2エディション)を、「マイクロソフト ボリューム ライセンス」を通じて法人向けに提供を開始しました。
また、同日より、法人向けに早期アップグレード割引キャンペーンを開始し、「Windows Vista/XP」ユーザの「Windows 7」への早期アップグレードを支援するため、「Windows 7 Professional アップグレード版」が優待価格(19,800円:参考価格)にて提供されます。
Vistaの販売価格(2万2,600円)を下回る金額設定になっているものの、ライバルとなるAppleは先週、最新OS「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」を3,300円(アップグレード版)という低価格にて発売しました。

 

また、同日より、サーバ用OS「Windows Server 2008 R2」の出荷も企業向けにスタートしています。
なお、「Windows 7」の一般向け発売開始は、2009年10月22日が予定されています。

 

pa%e3%80%81%e3%80%8cmystical-tint-tone-and-color-2%e3%80%8d%e7%99%ba%e5%a3%b2%ef%bc%9d60%e7%a8%ae%e3%81%aephotoshop%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

P&A、「Mystical Tint Tone and Color 2」発売=60種のPhotoshopフィルタセット

22種類の新エフェクト追加+300種類のプリセット

 

Mystical Tint Tone & Color 2.0

ピーアンドエー・インターナショナルは、米AutoFX Software社のデジタル写真用Photoshopプラグインフィルタ「Mystical Tint Tone and Color 2」を9月4日に発売すると発表[PDF]しました。
英語版のみの販売で、価格はパッケージ版が2万9,800円、ダウンロード版が2万9,400円となっています。

 

プロフェッショナル・フォトグラファー向け「Mystical Tint Tone & Color 2.0」は、デジタル写真の雰囲気、色、色合いの品質を高める60種類の洗練されたフィルタと、300種類以上のプリセットエフェクトが収録されており、各フィルタを組み合わせれば、実質無限大の概観や雰囲気の組み合わせが可能。
今回、22種類のエフェクトが新たに加えられたほか、従来のエフェクトはすべて再設計して改善されています。
また、新しいインターフェイス、改善された描画速度とプレビュー機能を備え、話題のHDR(ハイダイナミックレンジ)画像を作成するフィルタも4種類加わっています。
同製品は、Photoshopプラグインとしてだけでなく、スタンドアロンとしても使用可能です。

[Read More »]

%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%a2%e3%80%81%e5%88%9d%e5%9b%9e%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%99%82%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%82%aa%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af%e5%89%b2%e5%bc%95%e3%80%8d

ドコモ、初回契約時の「オプションパック割引」を30日間無料に

初回契約限定サービス=契約拡大とサービス販売増を狙い

 

NTTドコモは31日、9月1日から「オプションパック割引」(月額使用料420円)の適用条件を改訂して、初回契約時であれば、30日間無料とすると発表しました。

 

オプションパック割引」は、「留守番電話」(315円)、「メロディコール」(105円)、「キャッチホン」(210円)、「転送でんわ」(無料)の4つのネットワークサービスをまとめたもので、「留守番電話」(315円)料金に105円プラスで、3サービスが追加されるというお得なサービス。

 

これまでは、申込み当日から適用され利用料金が発生していましたが、9月1日からは、最初の30日間に限り、無料で使用可能となります。

idc%e3%80%81%e5%ae%b6%e5%ba%ad%e7%94%a8%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%abpc%e3%81%ae%e5%88%a9%e7%94%a8%e5%ae%9f%e6%85%8b%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e7%b5%90%e6%9e%9c%ef%bc%9dculv%e6%90%ad%e8%bc%89pc

IDC、家庭用ポータブルPCの利用実態調査結果=CULV搭載PCが成長と予想

低価格PCユーザ向け製品では「画面の見やすさ」がキーに

 

IT専門調査会社IDC Japanは31日、2009年6月に実施した国内家庭ユーザーを対象とした、ポータブルPCの利用状況調査を発表しました。

 

これによると、低価格PCを購入するユーザは、セカンドPCとして利用する用途や商品の位置付けを理解して購入をしており、インターネットアクセスに関しては満足度が高い一方で、文書や写真の見づらさなどの画面表示に関する満足度が低いことが報告されています。

 

イー・モバイルPC購入同時加入キャンペーン利用の有無による低価格PC購入価格

また、低価格PC販売増加の大きな要素の1つとして、店頭でのイー・モバイル同時加入キャンペーンが挙げられています。
同キャンペーンを適用することで、購入価格は1,000円~3万円未満が中心となり、100円以下の購入者も全体の約17%を占めるということです。
また、イー・モバイルのキャンペーンを利用するユーザ層は、価格条件に極めて敏感で、キャンペーン適応価格によってPCを100円で購入をしたい層と、6万円以上の比較的高額な低価格PCをキャンペーンによって安価に購入したいと考える層に分かれると分析されています。
今後、低価格PCは画面の大型化や解像度向上などで価格が上昇すると予測され、後者のユーザ層が同キャンペーンを利用して、購買が促進されることが想定されています。
IDCは、イー・モバイル以外でも、キャンペーンによって安価にPCを購入したいと考えるユーザ層が引き続き多いと予測しており、今後もこの分野は成長が見込めるとみています。

 

また、CULV搭載のポータブルPCについては、一般のポータブルPC購入者から見ると、安いうえに、十分な画面サイズを搭載していることで興味が高いとされる一方、低価格PC購入者からみると高価で興味は低いという結果になっています。
また、顧客の価格に対する感受性を分析するした場合、一般のポータブルPCの最適価格帯(顧客が希望する価格のスイートスポット)と、CULV搭載PCの価格帯がほぼ一致していることから、CULV搭載ポータブルPCは低価格PCとは競合せず、一般のポータブルPCと競合する可能性が高いとみらています。

[Read More »]

Tech News ページナビゲーション(Since 2007)

*Apple Newsはこちらの専用ページに掲載しています。

Tsugawa.Tv

[PR] iPhone Xs/Xs MAXを購入

RSSを購読

デル株式会社

Apple News Headlines

Apple, Mac, iPhone, iPad, iPod の最新ニュースはここでゲット!他には無いニュース満載です。

Read the Difference »

About Tsugawa.Tv

Tsugawa.Tvは、Apple、Tech、広告、デザイン、Webをはじめとする各種メディアのクリエイティヴ関連情報・アイデア・サービスの提供および共有を目指し、日々のニュースから身の回りの出来事まで、気ままに発信するニュース情報サイトです。「紙面を大きくはみ出す」ことと、「エレガントかつ斬新であり続ける」ことを基本姿勢に、プロフェッショナルで弾力性のあるサイト運営を心掛けています。

More Info »

Advertising

Tsugawa.Tvでは広告掲出を幅広く募集しています。お気軽にお問合せください。

Learn More »

Page Top▲